ウーマン

様々な種類があるうつ病のそれぞれの特徴について

躁うつ病

メンズ

躁うつ病は、現在では「双極性うつ病」と呼ばれています。うつ病との大きな違いは、躁うつ病は非常に活発になるタイミングがあるという点です。うつ病は症状が起きると部屋から出たくなくなるほど動けなくなることにその特徴がありますが、それとは逆に躁うつ病は非常にハイな状態になることに特徴があるのです。うつ病とは違った種類であることの理由がそこにあります。一方で、躁うつ病にもうつ病と同様の症状が起きます。うつの状態と躁の状態が交互に起きてしまうのが躁うつ病の大きな特徴になります。
それだけに、治療の種類もまた違ったものになります。うつ病と同じような種類と捉えてうつ病と同じような治療をしてしまうと、その反動から、躁状態になった時により一層激しく活動的になってしまうという状況に陥ってしまうのです。従って、治療の際には躁うつ病はうつ病とは違う種類の病気であるということを念頭に置いたクリニック選びをしていく必要があるでしょう。症状が見えやすい躁うつ病ですがしかし、この見極めというのは周囲の人達にとって難しい場合もあるかも知れません。繰り返しになりますが躁うつ病はうつ病とは違うという部分に主眼を置いて、医師に相談してみると良いでしょう。
このように、躁うつ病にはうつ病とはまた違った特徴があるものです。簡単に気付くような病気ではないかも知れませんが、野放しにするわけにはいきません。症状が気になった方は迷わずに医師に相談してみてはいかがでしょう。