ウーマン

様々な種類があるうつ病のそれぞれの特徴について

メランコリー

頭を抱える女性

メランコリー型に陥る要因

様々な種類のあるうつ病のうちメランコリー型のうつ病になってしまう要因として、物事に対して「自分が悪い」という思考に陥りがちな状況があります。自責の念に駆られすぎるとストレス過多の状態となってしまい、その結果メランコリー型うつ病になってしまうことがあるのです。

メランコリー型の特徴

上記のような状況に陥ってしまう人は、大きく次のような特徴がある場合が多いことでしょう。まずは、とにかく真面目な人です。真面目な人ほど物事に対して誠実に取り組もうとするので、その結果ストレスとして跳ね返ってくることがあるのです。こういった人はその誠実さゆえに仕事の能力が高いこともあるので、その分仕事も多く与えられることになります。仕事を多く与えられた人の対応はそれぞれですが、人によっては他の人に協力を依頼したりする場合もあります。しかし、メランコリー型に陥る人の特徴として、問題を自分一人で解決しようとする点があります。そういった人は、与えられた多くの仕事に対応しきれずにストレスが溜まっていき、結果としてメランコリー型うつ病になってしまうケースがあります。また、メランコリー型うつ病のもう一点の特徴としては、融通が利かないタイプやそういう種類の人が多いという点があります。ストレスを抱えないような人は、適度にリラックスする術を持っていたり、はけ口を用意していたりしますが、その一方で、融通が効かない種類の人というのは、そういったストレス解消法に長けていない場合があります。そのことからストレスを溜めやすい心の状態であり、メランコリー型うつ病に発展するといった状況があります。

つまり疲れていることが多い

陥ってしまう種類は様々ですが、メランコリー型の人の特徴として、自分がうつ病ではないかのように振る舞ってしまうという点があります。つまり、周囲の人に悟られないようにするのです。そういった人は、そのストレスで疲れ切っているものです。もしあなたの周りに激務に追われながら何かを隠しているように振る舞っている人がいたら、その苦労をいたわってあげると思いがけないリラックス効果になるかも知れません。