ウーマン

様々な種類があるうつ病のそれぞれの特徴について

仮面うつ病

医者

仮面うつ病という言葉にはあまり聞き馴染みがないかも知れませんが、その歴史は意外に古く、1950年代にはその存在が提唱されたとされています。仮面うつ病の症状は、一見するとうつ病ではないような種類の症状だったりするのです。例えば、うつ病の場合は激しい気分の落ち込みがあったり、また、頭の働きが弱くなり考えることが難しくなってしまう、といったような心の症状が主にあるのですが、その一方で仮面うつ病の症状を見ていくと、腹痛や倦怠感、頭痛や下痢といったような、体の不調が挙げられるのです。種類として体の不調が表に出てくるので、一見してうつ病とは判別がしづらいのです。そして、こういう症状が出ていざ病院に診察に行こうということになった場合、あなたならどのような種類の医師を選択するでしょう。内科などの身体に関する診療科を選択してしまうのではないでしょうか。しかし、この種類の症状の原因が仮に仮面うつ病だった場合、内科では原因が判明できず、八方ふさがりになってしまうかも知れません。薬を処方しても状況は改善されないでしょう。
このように、仮面うつ病は精神的な症状よりも身体的な症状が表に出るために発見が難しい種類のうつ病なのです。そして、「仮面うつ病」と名のついている通り、それはどうしてもうつ病であるということになります。症状に違いが見られるだけで本質的には一般的なうつ病と同じですので、うつ病に対する治療が仮面うつ病にも通じるということになります。
では、非常に見つけづらい仮面うつ病はどうすれば見つけられるのか、その観点を探りましょう。まず、身体的疾患がある際に、それが仮面うつ病であるかどうかの切り分けとしてはじめに内科を受診することが挙げられます。その症状はもしかしたら通常の病気かも知れないので、そういった場合には内科を受診することで治ります。仮面うつ病であれば治らないわけですが、逆に、症状に改善が見られない状況が仮面うつ病を疑うポイントになるのです。内科の受信で改善が見られなければ、医師へ仮面うつ病の可能性を訴えてみてはいかがでしょう。また、医師が診察するポイントとして、その症状と身体の悪い部分を紐づけて捉えるという特徴があります。下痢であれば胃腸が悪い、といった具合です。しかし仮面うつ病で特に関係のない複数の臓器の不調を訴えた場合には、医師はおかしいと感じることもあるようです。例えば下痢の症状に眼の調子が悪いという症状が加われば、その2か所には関連性が感じられないという気付きがあるかも知れないということです。逆にそういった症状である場合は仮面うつ病の疑惑も高まりますので、診察の際に報告されてみてはいかがでしょう。
このように、一見してうつ病だと気づきづらいというのが仮面うつ病の大きなポイントです。もし様子のおかしい人が周囲のいらっしゃれば、より注意を払って観察や聞き込みをしてみましょう。