その症状「心のSOS」かもしれません

様々な種類があるうつ病のそれぞれの特徴について

メランコリー

頭を抱える女性

うつ病の種類の中に、メランコリー型というものがあります。うつ病というものはストレスが原因の一つとして挙げられますが、真面目すぎる人などはストレスを感じやすい傾向にあるかも知れません。ストレスと密接に関わるメランコリー型についてお伝えします。

もっと読む

非定型うつ病

看護師

非定型うつ病といううつ病も存在します。他のうつ病とは違う種類のものですが、症状が共通している部分もあります。ここでは、新型うつ病とも呼ばれる非定型うつ病の特徴について取り上げていきます。

もっと読む

躁うつ病

メンズ

うつ病とは違った種類の病気として躁うつ病というものがあります。うつ病と同様に扱われる場合がありますが、実は別の病気として捉える必要のあるこの躁うつ病について見ていきましょう。

もっと読む

仮面うつ病

医者

うつ病が様々な形で世に出やすい昨今ですが、仮面うつ病という種類のものがあることはあまり知られていないかも知れません。ここでは、仮面うつ病が一体どういうものなのかについてお知らせします。

もっと読む

マイナス思考

カウンセリング

気力の欠如

ここでは、うつ病全体の基本的な症状についてお伝えします。様々な種類のうつ病については別ページをご参照ください。
うつ病の大きな特徴としては精神的な症状が挙げられます。まず、マイナス思考に陥ってしまうという症状です。うつ病に発症してしまうと、物事をプラスに捉えることが難しくなるのです。ふとしたことから悲しんでしまったり、なぜか不安を感じてしまったりすることがあります。楽しいことをしている時にはその物事を楽しんだりできるのですが、その反面、何もしない状況になった時に注意が必要です。何もしないと不安や悲しみが襲ってくるのです。症状が進行すると、気分の落ち込みだけでなく涙という目に見える要素に現れる場合もあります。

頭が働かない

二つ目の特徴としては、やる気や元気といった気力の欠如です。楽しいことに対してはやる気が出るというのは初期症状ですが、それが進行してしまうと、趣味などのそれまで楽しいと感じていた種類の物事に対しても意欲が起きなくなってしまうという状況に陥ってしまうのです。その症状がさらに進行することで、次第に外に出ることさえもおっくうになってしまうことが難点です。この症状は、見る人によっては怠けているように映ってしまうかもしれません。しかし、単なる怠けとうつ病では決定的に種類が違います。その違いは、本人の心の持ちようにあります。怠けている人は物事に対して「別に行わなくても問題はない」と悠然と構えるのに対して、うつ病の人は一般に「精神運動抑制」と呼ばれる症状に陥るのです。具体的には、怠ける人と違って「行わなければならない」という焦りの感情ややる気のような意識は残っているのです。しかしそれでも物事に対して手を付けられないというのがうつ病患者の特徴なのです。

また、頭の回転が遅くなってしまうのもうつ病の人の特徴の一つでしょう。初期状態の時にはまだ仕事や日常生活に差支えはないかも知れませんが症状が悪化すると徐々に仕事や生活に支障が出てくるようになります。そうなってしまうと周囲へ迷惑をかけてしまうという思いから自責の念が強くなってしまうのです。こういった種類の症状もあるのがうつ病の怖いところです。そういった症状のことを「自責念慮」と呼びます。この症状が発症すると、自責の念から次第に自分がどうしたら良いのか、どうしたいのか、何をすべきか、そういった判断が行えなくなってしまうのです。そうなってしまうと、自分一人での解決は困難かも知れません。周囲の人はどうにかして気付き、支えてあげたいところです。そのためには、うつ病にある様々な種類を把握しておきたいところですが、それらは別ページでお伝えします。それぞれで違う特徴がありますので、症状をしっかり把握しておきたいところですね。